読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中夜祭2016ブログ

中夜祭は早稲田祭1日目の最後を飾る企画です。

WASEDAから早稲田へ

中夜祭2012の紹介をしようと思います。

 

ただ、僕自身2013年入学なのでよく分からない。

知っている限りのことを書くので、よかったらお付き合いください。

 

 

中夜祭2012テーマ

WASEDAから早稲田へ

f:id:chuyasai2016:20161021192547j:plain

2002年、早稲田大学は「早稲田からWASEDAヘ」というキャッチコピーを定めてグローバル化を前面に押し出していました。それをうまく皮肉ったテーマです。

 

早稲田祭2012」大隈講堂前ステージ

東日本大震災の影響で中止となっていた大隈講堂前ステージが復活したのが「早稲田祭2012」でした。

復活の背景には、地域の方々や大学職員の方々のご理解・ご協力と、(僕たちから見て先代の)早大生の並々ならぬ努力がありました。

大隈講堂前ステージは地域・大学・学生の共存共栄を象徴していると再認識できます。

 ただし、ステージの向きは現在とは異なります。なんと大隈講堂に対して横を向く形で設置されました。

この向きのステージを初めて見る人も少なくないんじゃないかなと思います。

www.youtube.com

 

いろいろヤっていたようです

中夜祭といえば、大隈講堂前ステージにおいて早稲田祭1日目の最後を飾る企画です。

しかし、大隈講堂前ステージ以外にもいわゆる本部企画に参加していたようです。

 

ビンビンな現役パフォサーの中に飛び込んで、一体何ができるというのでしょうか?

 ※プレウィーク:現在のCountdown Event

 

結果、パレードはヤり過ぎてしまったようです。

 

他にも、まとめサイトを作ったり、

matome.naver.jp

 

 WAPを開いたり。

※WAP:Wasedasai After Partyの略。早稲田祭に関わった人たちがお疲れ様ってする。

 

活動の善し悪しは別として、ここまで振りきったことをヤったのはすごい。

 

中夜祭2012本編

残念ながらYouTubeにもDMMにも動画はありません。

中夜祭をヤれば見れるかも…?

 

ただ、この曲だけは聴いてほしいです。

www.youtube.com

中夜祭2012のエンドロールに流れた曲です。

 

そして早稲田祭2016へ

 本部企画申し込めば良かった。

 

おまけ

https://twitter.com/chuyasaiwaseda